今日から使えるスピーチの実例紹介・ネタ集 - スピーチ,日常会話,朝礼,雑学

はじめに



 このサイトは『スピーチ』のネタ・スピーチの話し方についての紹介サイトです
 スピーチの組み立て方,内容の参考にしてください。

  >>スピーチの『ネタ例1』
  >>スピーチの『ネタ例2』

スピーチの良さとは

『スピーチ』では多くの人が「言いたいことがない」と悩んでいます。

言いたいことをうまく伝えるにも技術が必要になります。

いくつかの例を用意してありますので,3分間スピーチの題材の組み立て方の参考にしてください。

  >>スピーチの『ネタ例1』
  >>スピーチの『ネタ例2』

伝えたいことに関して,ただ単に自分がどう「思っている」か「考えている」かだけではなく, そのことの背景には何があるのか,調べる必要があります。

そのためには,話す内容について「本質的」に知ることも大事になってきます。

スピーチの構成

● 構成は『3つ』に分割して考える。

3つに考えるのには理由があります。
3分間話すのは長いと考える人は多いと思います。

そこで『3つ』に分割を行い,それぞれ1分間ずつ話をするのです
1つのことについて,キーワードを4、5個ほど決めておき, そのことについてキーワードを交えながら自分の考えを話せば1分間はあっという間に過ぎてしまいます。

● 「過去・現在・未来」の構成で話す
この3つの分割を「過去・現在・未来」の構成にしてみるのも良いです
例として『3分間スピーチをするにあたっての題材』についてのスピーチで構成を行ってみます。

--過去
 知恵袋質問サイト等で「3分間スピーチをするにあたっての題材求む~」をしてみた。
--現在
 「3分間スピーチ」の題材で意識していること。「過去・現在・未来」を意識している。
--未来
 知識のストックを貯めておき,自分のキャパシティを広げ,常に良い発表をすることを心がけていきたい。

自分が『思った』『考えた』ことの話をする

スピーチではただ単に自分が調べてきた情報を話すだけではなく,それについて自分の『考え』を話す必要があります。
話す内容について,自分なりの解決方法や改善策を具体的に話すと良いです

それに加え,どうしてそう感じたのかを具体的に表す「根拠」もあると良いです
そのためには,話す内容について詳しくある必要があります。



更新情報・お知らせ

『スピーチネタ例』ページに「コーヒー」についての紹介追加 UP
『スピーチネタ例2』ページに「ブルーレイ(Blu-ray)」「スカイプ(Skype)」紹介追加 UP
『スピーチネタ例2』ページに「Webページ」紹介追加 UP
『スピーチネタ例1』ページに「少子高齢化」紹介追加 UP
『スピーチネタ例2』ページに「ストレス解消について」紹介追加
『スピーチネタ例2』ページに「台風について」紹介追加
『スピーチネタ例2』ページを追加・サイドメニューに「X-MEN:フューチャー&パスト」の紹介追加 UP
『スピーチネタ例1』ページを追加・同ページに「英会話について」「3分間スピーチの題材について」紹介を追加 UP
ホームページを更新・『サイトマップ』ページを追加
背景色を変更UP
ホームページのトップ画像を変更UPNEW
ホームページアップデート
ホームページリニューアル
ホームページ作成 UP

マルチドメインレンタルサーバー【シックスコア】

「エコ婚」