×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スピーチの実例・ネタ集 - スピーチ,日常会話,朝礼

HOME > スピーチネタ例2

スピーチネタ例2・目次

『ストレス解消』
『台風』
『Webページ』
『ブルーレイ(Blu-ray)』
『スカイプ(Skype)』
『宇宙エレベーター』


『ストレス解消』

『ストレス解消』について

● 映画でストレス解消法
 ・空間を演出 ・日常とは違う背景や音楽
 ・映画館に行くとより良い
映画館独特の『雰囲気』と『巨大スクリーン』と計算された『音響』、『暗い照明』が人間の五感を奪い非常に集中できる環境を作ってくれます

● 料理でストレス解消
・積極的に料理をする
作っている最中というのは非常に集中している
・食事をする、おいしいものを食べるという行為は、 人間の欲求を満たしストレスを解消する

● カラオケでストレス解消
大声をだしたら、非常にスッキリします
 ・個室 ・大声を出せる  ・好きな曲を歌える  ・比較的安価
カラオケ自体な苦手ですが、ストレス解消にはうってつけの場所と言えます

●全体として
一人でひたすら「集中」して「没頭」できることがストレス解消には良いことなのだと思います。



『台風』

『台風』について

● 個人個人の暴風雨に対する備え
・個人個人も暴風雨に対する備えが出来ていない
・レインコートを常に持っておくべき
暴風雨では傘は役に立たないのでレインコートか強い風でも壊れにくい傘をもっていくぐらいのことは必要で台風(耐風)傘というのも販売されているので買ってみてはどうでしょうか。
耐風傘は風が穴から抜け、傘が逆さになっても元に戻るので丈夫なのです

● ツイッターをつかった新しいシステム開発
 ・国土交通省が「ツイッター」を災害時の注意喚起に役立たせようとしている
まさにその地域にいる人からの情報をリアルタイムで受信
台風だけでなく土砂災害などの情報を、それを基にして避難勧告等の発信に活用しようとしている

・災害が起こった後の安否確認等では利用する人が増えているようにみえているが、事前に災害の注意喚起に役立たせようというのは新しい着目点だと感じた。

●全体として 私も何かに気づくことで新しい発見やアイディアを出せるよう、日々アンテナを張り巡らせていきたい。




『Webページ』

『Webページ』について

● Webアプリケーションとは
・『ブログ』『オークション』『SNS』
Webサーバに配置したアプリケーションを、 Webブラウザなどのユーザーエージェント(「サーバ」に対して、「クライアント」 のPC・携帯端末上)で利用できるようなソフトウェアのこと

● MVCモデル
Webアプリのソフトウェアの設計モデルの一つ。
・Model・・・「JavaBeans」Javaによるソフトコンポーネント開発モデル。「Javaクラス」のこと
・View・・・JSP(JavaServerPages)HTMLの中にJavaのコードを埋め込んで実行させるための仕組み。
JavaScriptとの違いはWebサーバ側でJavaのコードを実行する
・Controller・・・サーブレット
Webサーバ上で実行されるJavaプログラム。HTTPサーバを、Javaアプリケーション・サーバに見立てて実行する

● これからはJavaベースの開発?
これまではPerl/CGIによるアプリケーション開発が主流。
1.プロセス起動のためパフォーマンスが悪い
2.ステートレス(複数のリクエストにまたがってメモリ上でデータを維持できない)
3.コンピュータの機種によってPerlの互換性がない



『ブルーレイ(Blu-ray)』

『ブルーレイ』について

ブルーレイとは光メディアの規格
●仕組み
ピット・・・光学ディスクの記録面の平坦な部分に、 デジタル信号を表す凸部あるいは反射しにくい部分を作ることで情報を記録する。
虫メガネで日光を集めるように、光を細く集中させるようなもの

●なぜ大容量なのか
・短い波長
従来メディア(DVD)で使用する赤色レーザー650nmに対し、 ブルーレイディスクは、名前の通りの青色レーザーを使用し波長が短い405nmのため高密度記録を実現。 この青色レーザーにより約2.6倍の高密度化

・レンズ
さらにピックアップ部分のレンズでは約2倍の高密度化を可能にした
これによりDVDに比べ約5倍以上の高密度化を実現

●これからのブルーレイの需要は
現在はクラウドなどのネット環境・インフラが充実。 記録媒体でレンタルするという概念も無くなっていき、 契約したサーバにデータを格納し、持つのは端末のみで 観たいときはネットでデータをダウンロードして観る。
あと5年~10年後にはこんな感じかもしれません



『スカイプ(Skype)』

『スカイプ(Skype)』について

「スカイプ」とは ネットワーク経由でメッセージを送信,音声の通信を行うコミュニケーションツール
月間アクティブユーザー数は3億人ほど

●どのようにして通話を実現しているのか
SkypeはPtoP(PeerToPeer)
 ⇒「クライアント/サーバという区別がなく、それぞれが対等に接続してシステムを構成」 というネットワーク技術をベースに開発
さらに80番ポートが空いていれば通話ができる仕組みなので,Webサイトが閲覧できる環境であれば通話が可能。 ただしファイアウォールの中には80番ポートを通過するパケットがHTTPであるかどうかをチェックしているものがあるため, HTTPヘッダをつけずに80番ポートを通過しようとするパケットを破棄してしまう場合もあるため確認が必要

●音声のつなぎ方
・VoIP:Voice over Internet Protocol(ヴォイプ)
TCP/IPを利用して音声データをIPで送受信。音声をパケット分割して通信。
パケット送信には、RTP(Real-time TransportProtocol)というシンプルなプロトコルでIP電話ではおおよそ20msごとに1パケット(つまり1秒間に50パケット)を送るようになっている
・呼制御プロトコル
RTPで音を送り合うためには、発信や着信、応答、切断といった「呼制御」と呼ばれる処理が必要
それが通常ではSIP(Session Initiation Protocol)を使用する
Skypeでは呼制御にSIPなどの標準プロトコルを使わず、独自に開発したプロトコルを使用し,高品質を実現している
P2P技術により負荷が集中するサーバを持たないSkypeの仕組みでは、理論上ではボトルネックの負荷増大による品質低下は発生しない。
こうしたシステムの構造上のメリットのほかにも、独自の呼制御プロトコルをさまざまな工夫が高品質通話を支えている。

●スカイプとライン
スカイプは起動しておかなければメッセージを受信しないリアルタイムでのやりとりの「置きレス」がしやすいのはライン どちらが自分に合っているのか“どこで”“どのように”使うかで自分にあった方を選ぶと良い



『宇宙エレベーター』

『宇宙エレベーター』について

●「宇宙エレベーター」とは
地上と宇宙をエレベーターでつなぐ、これまでにない輸送機関。 理論的には十分実現可能なものであり、近年の技術発展によって手の届く域に到達しつつある
アーサー・c・クラーク「楽園の泉」により1970年代には発想はあった
●「宇宙エレベーターの仕組み」
・人工衛星からケーブルを地上に延ばし、それをモノレールのようにケーブル上を車輪で走らせる
人工衛星からケーブルを延ばすには、地上から一点に静止しているように位置する「静止軌道」からケーブルを延ばす必要がある。
静止軌道とは高度約3万6000㎞の遠心力と地球の重力がつりあっている状態で地球を一日に一周する高度のこと

●「ケーブル素材」
宇宙から地上へ吊り下ろせる強度を持つケーブル素材が必要
それが「カーボンナノチューブ」
現在は長さ2センチほどしか作成できない

●課題
その他様々な課題があるが,2050年には完成すると信じている。
・太陽からの電磁波や放射線、熱による影響
・隕石やスペースデブリの問題
・高空に存在する原子状酸素の問題
・落雷、ハリケーンや雹、ジェット気流の問題
・振動の問題
・地磁気による誘導起電流の問題
・航空機による事故やテロ対策

未定 - 未定




PR


『コラゲネイドはじめてセット』

映画情報

PR

「お名前.com」レンタルサーバー


PR


PR



映画情報